ちょっとプロセスにはいったよ

朝一でパニくる出来事あり。

 

戸惑い、恐怖、不安、怒り、罪悪感、焦燥感、後悔、あきらめ、無力感、その他色々言葉で名づけられない感情多数の嵐の中で混乱に陥った。

 

まずジャッジメントがきた。

 

どんな風に思われているんだろう?そう思った瞬間、ジャッジメントの磁気嵐が起こった。

 

「うるさい、人は関係ない」

 

さっとバウンダリーを引いて、ジャッジメントのボリュームを最小に下げる。

 

これで次に進める。

 

次に来るイメージの嵐。

 

私が悪い、だれのせい?、あの時こうしていれば・・・、だから私は言ったのに、あいつが悪い、、、、延々と続くイメージの嵐から、とりあえず自己を引き上げ離れた場所から起こっていることを観察し続けて、イメージと同一化することを避ける。

 

この出来事を手放して、違う自分の感覚を選択しようと、いろんなやり方で流そうをしてもうまくいかない。

イメージからはうまくバウンダリー引けても、感情との同一化から上手く自己を引きはがせなくてバタバタともがいてた。

 

感情が、まだ感じきれていない感情が残ってる。

 

「どんな難しい感情でも、ちゃんと感じきれば最大1分で流れる」そう自分に言い聞かせ、足掻く。

 

グランディングし、身体の隅々を探索し、いつもと違うところ、違うバイブレーションが起こっているところに焦点を当て、身体を動かしバタつきながらエネルギーを流しきろうと、もがく。

 

足掻く。

 

私はもがいたり、足掻いたりすることは、ただあきらめるよりよっほど有益だと思ってる。

 

感情の嵐の中に浸っている時間が長すぎることに、ハッと気付く。

 

ロウワ―セルフのネガティブな喜びに浸りたいわけじゃない。

 

さて、どうする?

 

私はどうしたいの?

 

これをてばなしたい。

 

Good。

 

もう一度グランディングして、ポジティブな意図に自分を整合させてゆく。

 

自分がとれる可能性をいくつかシュミレートする。

 

①もう少し感情を色々探求しつづけてみる。(まだ感じきれてない感情があるかもしれないから)

 

②なぜこれが起こったのか、検証してみて二度とこれが起こらないように努力する。

 

③もうここにいるのはいいので、手放して違う感覚が入ってくるスペースを開ける。

 

もちろん③の一択。

 

次の瞬間、今いる自分の場所がシフトし、いつもの平和な静けさが戻り、今日起こったことを統合するために消化の作業に入っていく。

 

何か起こることが悪いわけじゃない。

 

だけど何か事が起こることを人は極力避けようとする。もちろん私も。

 

起こってしまったことに、自分で自分の責任を取る一番安全な方法だと思ってる。

 

別の側面でみてみれば、何も起こらないって学びも成長ものんびりしてるし楽しくない。

 

起こる事は起こっていい。

 

人は失敗からより多くを学べるんだ。

 

西の魔女のブログ( ameblo.jp/westernwitch/ ) 2012/11/30 より

 

悩み続ける人生が今日から変わる!カウンセラーやヒーラーも目からウロコの最先端心理学心の科学メールサロン365

PCメール
携帯、キャリアメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事