サイキックアタックを受け取らない

サイキックアタックを受ける側によくありがちなのが

 

『なんで私がこんな目に合うんだろう?』とか

 

『私が何か悪いことしたのかな?』とか

 

アタックをされる理由を色々と考えてしまいます。

 

こういった混乱し、自分に自信がない状態がサイキックアタックの受け取り体制準備万端になってしまうのです。

 

身体とこころとオーラの基礎講座では「転移=トランスフェアランス」を教えているのですが、

 

転移は、相手がどうあれ相手が何かしたとか全く関係なくほぼオートマティックに起こります。

 

強いて、その理由があるなら「気になる人・好きな人」だということくらいです。

 

サイキックアタックしている時はほとんどが

 

頭の中でぐるぐる、同じことを考え続け、もはや今この瞬間には存在できていません。

 

その瞬間相手が何を思い何をしていようと全く関係なく

 

過去に起こったこと(ほとんどは当人の子供のころの記憶から)を薪にして

 

ひたすら頭の中の勝手な妄想を膨らませ

 

ほぼ無意識に無自覚に相手に周波数の低いネガティブなエネルギーを送り続けます。

 

受け取る側がそのことで恐怖や怒りを感じたり、しっかりと受け取り体制できていれば

 

一方的な妄想の相手役として共にダンスを踊ることになります。

 

感情エネルギーに裏打ちされた感情思念体(サイコノエティックフォーム)は

 

人のオーラフィールドに入ると外界からの自然な流れや光を遮るので

 

鬱っぽくなったり、イライラしたり、身体が痛くなったり痒くなったりします。

 

オーラの感情レベルに入り込むと気持ちが暗くなったり鬱っぽくなり

 

オーラの構造レベルに張り付くと、神経系や皮膚に痒みや湿疹として出やすくなります。

 

食品添加物やたばこやアルコール、様々な環境ホルモンは体に摂取され、ある程度蓄積してくると

 

細胞がどんよりと、ゲル化するので、サイキックアタックの時にひどい皮膚や体内症状として顕れます。

 

オーラの浄化やデトックスを定期的にすることで、

 

心身の健康や関係性におけるネガティブな影響を受け取りにくくなると私は考えています。

 

 

HITキャラクトロジー心理学考案者

山本美穂子オフィシャルブログ「西の魔女のブログ」より

悩み続ける人生が今日から変わる!カウンセラーやヒーラーも目からウロコの最先端心理学心の科学メールサロン365

PCメール
携帯、キャリアメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事